東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

『がっちりマンデー !!』のはんこ屋さん

2016年01月29日 店舗経営 接客

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

1月24日(日)、朝7:30からのテレビ番組、TBS『がっちりマンデー !!』で、フランチャイズのはんこ屋「はんこ屋さん21」を紹介していました。20年程前に、東京、上野に第1号店を出店、以後、全国展開してきました。キャラクターの水戸黄門が右手に印籠を持つポーズが店の看板に出ていて、おそらく店のマークに使われているのでしょう。

番組を見て意外だったのは、はんこの売り上げ金額は全体の3割ほど、残りは、はんこ以外の商品だった、ということです。例えば、中華料理店、日本そば店が出店する時に、はんこを作りますが、はんこに止まらず、開店に必要な商材など一式を作成してビジネスにしています。店のメニュー、のぼり旗、名入れの伝票類、自販機に付ける商品名、金額表示のプレートなどなど、でした。

私の店のような従来の印判店(はんこ屋)とは、住み分けができているな、と思いました。当店では、7割以上が印鑑、ゴム印の売上です。「はんこ屋さん21」で扱っている商品のはんこ以外の7割は対応していない、が正直なところです。

同じような印鑑を作ってほしい、というお客様が見えて、「フランチャイズのはんこ屋でお宅を紹介されて来たよ」とおっしゃいました。「はんこの専門店化」特化、が今後の方向性として見えてきます。




▲テレビ番組で紹介された、はんこ屋さん21、です。



八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページhttp://inkan-reform.com

英語版のページ、外国人のお客様用ページ http://www.name-stamp.tokyo/

楽善堂のレア物印鑑・象嵌(ぞうがん)細工の象牙印鑑http://rakuzendo.com/shohin/shohin017.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。