東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

『ゆで太郎』の蕎麦(そば)

2011年05月24日 徒然(つれづれ)なるままに・・・

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

昨日23日の午後から雨になり、今日は朝から雨になりました。肌寒い陽気です。このところ風邪が流行っているようです。

一昨日の日曜日、昼ご飯が一人になってしまったので、久しぶりに街中に食事にぶらりと出掛けました。前日に父親(日本蕎麦が大好き)から、『ゆで太郎』という店の無料クーポン券をもらっていたので、迷わずにこの店に行きました。

無料クーポン券は、何か1品オーダーをして(入店したら券売機で食券を買う)、クーポン券を出せば、海老の天ぷらや、かき揚げなどサイドメニューが無料でサービスになります。フランチャイズのお店にしては、と言っては失礼ですが、蕎麦(そば)は腰もしっかりしていて汁(つゆ)も美味しく、満足の行くものでした。

日常は店のバックヤードで、カミサンの手作りパンをお昼ご飯にしているので、たまに外食をすると店の雰囲気、経営方針などもわかりおもしろいと感じました。

『ゆで太郎』のホームページ
http://www.yudetarou.com/



▲この日はざる蕎麦(310円)にしました。もり蕎麦なら260円。左上はクーポン券でもらったかき揚げです。左端は8枚つづりのクーポン券です。食事の度にくれます。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ペーhttp://inkan-reform.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。