東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

お客様より「ブログのネタに」メールをいただきました。

2019年05月24日 お知らせ

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

先日、印鑑リフォームのご注文をいただき発送致しました。ご注文主様は埼玉県の方、お送り先は沖縄県でした。下記の文章をメールでいただきました。大変ありがたいことに「ブログのネタにお使いくださいませ」と書いていただきました。お言葉に甘えて、掲載させていただきます。このお客様にはお礼もかねて掲載許可の確認を取らせていただきました。喜んでいただき、私も職人冥利を感じております。

《以下はお客様からのメールです》

楽善堂 様
こんにちは。埼玉の○○(お客様のご苗字)です。
週末に印鑑が沖縄に無事到着したそうです。
印鑑をお願いした甥っ子は私の姉のこどもで、姉も甥も二人とも父と同じ書体に大満足だそうです。
父は生まれた孫の名に「敬」が入っているのを大変喜んでおりました。
ですので私が特に希望してお願いしました「敬」の書体を、そっくり同じに彫っていただき心から感謝いたします。
印鑑ケースも新しくしていただき、甥が80歳超えても使ってくれると思うと嬉しいですね。
また古い印影を綺麗な和紙に美しく押印していただき、自分で押したものより格段に美しいので大切に保管させていただきますね。
検索すると印鑑の彫り直しは縁起が悪いなどと必ず出るので、リフォームを推奨される楽善堂様とのご縁を本当に感謝しております。
父から孫へ、大切に使っていたものを渡せたことは本当によかったです。
このたびは、迅速で丁寧な対応をしていただきありがとうございました。

 ※ よろしければブログのネタにお使いくださいませ(^^)

旅行途中、沼津市の海岸より富士山が見えました。このお客様からブログ掲載のご提案をいただき、この時と同じような爽やかな気持ちになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。