東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

イギリスから印鑑のご注文

2017年10月21日 お知らせ

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

先日、イギリス人のお客様から印鑑のご注文をいただき日本郵便のEMS(Express Mail Service)で発送しました。通常の航空便でイギリス(第2地帯)まで100グラムまでの場合で、400円で行きますが、2週間くらいかかる場合があります。EMSだと代金は2200円(500グラムまで)かかりますが、1週間内で着くのと、着日が遅い場合に検索が可能です。どちらの送り方がよいか、お客様にメールのやり取りで聞いていますが、今回のお客様はEMSのご希望でした。

 

到着後に下記メールが来ました。ご本人様にご了解をいただけたので、掲載させていただきます。実は漢字まで使えるイギリス人の方でした。メールの文末には「敬具」の表現、日本式の手紙の作法までご存じでした。ご質問に答えるため数回のメールのやり取りを英語で書きましたが、日本語で書かせてもらえれば私もかなり楽ができたのか、と思いました(笑い)。

 

平沢さん
はんこ素晴らしいです。英国ではとても高いです。
郵便料金を しはらわなければなりませんでした。
ありがとございました。
どうやって きれいに したらよいてすか?
敬具

 

「郵便料金をしはらわなければ」と書いていますが、日本からの送料は当店に支払い済みで、イギリスの税関を通過するのに関税代金が必要でした。印鑑の印面のお掃除の仕方を聞いてこられたので、「押した後にティッシュペーパーで印面、側面を拭いて下さい」とお返事致しました。

 

▲外国人のお客様向けの書体見本、11種です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。