東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

イギリスのお客様から実印のご注文

2018年06月09日 お知らせ

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

先日、イギリスにお住いの方から漢字入り実印のご注文がありました。初めは当店の英語版ホームページにある、小判型(楕円形)の印材でご注文でしたが、数回のメールのやり取りのうち、直径15ミリの日本人男性用の寸法規格になりました。

店頭での接客と同じように、白い水牛の印材(印鑑の材料)を見て選んでいただくために、写真で撮ってメールで送りました。右から3番目の一番白い(the whitest)印材のご指示がありました。
書体は篆書(てんしょ)なので、「判読できない」のクレームをいただくとまずいので、印稿(仕上がりのラフデザイン)も一緒にメール送信したらOKをいただけました。

実印は発送後、4日でイギリスに着き、到着後にコメントのメールをいただきました。お客様から、メールの文章をブログに出すことの許可をいただけたので、掲載いたします。他の外国人にも薦めるのをためらわない、と書いて下さいました。

Dear Toh San,

Just to let you know I have received the hanko this morning and I am really pleased with it.

The hanko was beautifully packaged, the quality of the carving was intricate and the overall quality of the inkan is flawless.

More importantly the ease of communication, the high quality service and the speed in which it was dispatched sets your firm apart from the rest.

I would not hesitate to recommend anyone who needs to order a hanko from overseas to come to you.

Kind regards

≪和訳≫
Toh さん、(店長、平澤の下の名前です)

お知らせします。私は今朝、ハンコを受け取りました。本当に満足しています。

ハンコは美しく(ケースに)包まれ、彫刻の品質は複雑で、印鑑の全体的な品質は完璧です。

さらに重要なのは、コミュニケーションの容易さ、高品質のサービス、急送セット(日本郵便のEMSのこと)で来るスピードが、あなたの会社を他社とは別にしています。

海外からハンコを注文する必要がある人なら誰にでも、あなたを薦めることを私はためらいません。

敬具

      
        ▲ご注文の白い水牛の印材です。数本の中から右から3番目のSEAL(印鑑)
         というご希望をいただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。