東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

イラストレータで印稿を入稿

2012年02月16日 店舗経営 接客

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

先日、東京、板橋区のお客様で、イラストレータのデータで印稿(いんこう、印鑑の仕上がりデザイン)をご自分で作成、メールの添付で送信いただいた方がありました。その後、印鑑の材料(印材)を郵送で送って来られました。文字のソフトと材料をお持込になったわけです。

文字関係のお仕事をなさっている方なのでしょうか、印鑑の職人には思いつかない斬新なデザインの文字、レイアウトでした。実印は姓を右列、名前を左列に布字(ふじ、レイアウトすること)しますが、このお客様は、フルネームを縦に一列で書いて来られました。印鑑登録に関して何ら問題はありません。登録は十分に可能です。

印鑑、特に実印などは、一点もの、他人と違っていて値打ちがあるものです。このお客様のように、ご自分でお名前をデザインなさるというのもひとつの行き方かと思いました。職人として彫刻の仕事をお手伝いさせていただく、という気持ちになりました。



▲楽善堂の正面です。ご来店のお客様中心の商売ですが、印鑑リフォームのお客様を中心にアナログのやり取りの通信販売も増えてきました。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ペーhttp://inkan-reform.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。