東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

オーストリア大宮殿展に

2010年01月22日 店長のプライベート

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。
通常のペースで2回ほどブログをお休みしてしまいました。はがき印刷で1700枚や封筒印刷、両面で500枚など、印鑑よりも印刷の仕事に追われていました。印刷の仕事場は店の3階で、営業時間外に印刷作業は多く行なっています。

17日(日)に、ファミリーで八王子にある東京富士美術館に「華麗なるオーストリア大宮殿展」を見に行って来ました。場所は創価大学の隣で車で行って15分くらいの所です。店の横の壁にこの「大宮殿展」のポスターを貼って差し上げたお礼にと、お客様から招待券をいただいていた経緯もありました。この日、17日(日)が展示の最終日でした。ギリギリで間に合うことができました。

13世紀から約700年、ハプスブルグ家の人々が宮殿で愛用した、食器、家財や美術品などがいろいろと展示されていました。中でも、モーツアルト、ベートーベンも弾いたというピアノがあり、「ここのピアノの前に座ったのか」と、感無量でした。鍵盤をよくよくみると象牙製のようでした。手で触れることはできませんが、象牙特有の縞模様が見えました。

大学1年の長女が美術を専攻しているので、大宮殿展のあとに常設展(主に西洋絵画)も見て帰ってきました。


▲東京富士美術館での“オーストリア大宮殿展”のカラーチラシです。


東京富士美術館http://www.fujibi.or.jp/

八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページhttp://inkan-reform.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。