東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

ブログを見てご来店のお客様

2010年02月12日 店舗経営 接客

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

一昨日、閉店の時間近くに、「おたくのブログを見て来ました」というお客様が見えました。
お客様からこのように言って来られた方は、初めてでした。ホームページを見て、という方は1日に数名はいらっしゃいますが。

このお客様、髪型も女優の井上和香に似た美形の方でした。印稿(いんこう、印鑑の文字のラフデザイン)を書いて、ご覧いただいてから受注しました。篆書(てんしょ)の文字について納得いただいたので、「ひとついい仕事で彫らせていただきます。」とお伝えしました。

お帰りの際に「ブログ、がんばって下さいね」と励ましのお言葉をいただきました。職人冥利、商人(あきんど)冥利、という言葉がありますが、“商人冥利”を得ることのできた接客でした。


▲お客様にオススメした黒水牛の長さ45ミリの印材。お値打ち品です。
ケースつきで4800円でお受けしています。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページhttp://inkan-reform.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。