東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

上智大学国文学科50周年

2009年12月16日 店長のプライベート

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

このところ、めっきり寒くなりました。朝、近くの陸上競技場まで行きますが、軍手と耳当て(イアーバンド)は必須のものになりました。

先日の日曜日、13日は私の母校、上智大学、文学部国文学科の創立50周年の祝賀会がありました。大学のすぐ近く、ホテルニューオータニが会場でした。同期の仲間は、10人ほどが参加していて懐かしく、話題に花を咲かせました。久しぶりに恩師の先生方にもお会いすることができました。また、上の学年、下の学年でも顔見知り、学生時代に親しくさせてもらった人も居て、近況報告などもできました。

振り返ってみて、学生時代、教室で学んだことは現在の仕事にどれだけ役立っているのか?と思うと実務では疑問符ですが、人とのつながり、人脈という点では大いに得るものがあったと思います。

大学卒業後の見習い修行の3年間はまさに今までの仕事に役立つことを習得できました。
学生時代の年月は、仕事を超えた部分の人脈作り、心を豊かにすることなどに大変有効であったと思いました。


▲ホテルニューオータニの会場、鳳凰の間です。窓の外はすばらしい日本庭園でした。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページhttp://inkan-reform.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。