東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

二つ折りカードの印刷

2009年09月17日 お名前入り商品(印鑑以外)

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

印鑑を彫刻するだけでなく、名刺や封筒の印刷も当店で行なっています。先日、立川市からのお客様で、開店のご挨拶と招待状の印刷の方が見えました。八王子のお客様のご紹介でした。洋封筒(通常の封筒よりも形が正方形に近い封筒、結婚式の招待状などに多く使う)に、二つ折りのカードがよい、というご指定でした。かなりフォーマルなスタイルの印刷物になります。

紙質からも入れて郵便物のスタイルを略式からご紹介すると、官製はがき⇒私製ハガキ(切手を貼る必要あり)⇒洋封筒に単カード(はがきサイズの厚手の用紙)を入れる⇒洋封筒に二つ折りのカードを入れる。  大体こんな順になります。 官製はがきは切手を貼る必要はありませんが、紙質が私製に比べ薄いのでやや、略式になります。会社関係で転勤の挨拶状などは、私製はがきのことが多いです。


▲二つ折りカードの印刷文例です。これは大衆料理屋さんの開店挨拶と招待状。
洋封筒付きで、100枚印刷、?16200です。


楽善堂はがき印刷のページ http://rakuzendo.com/shohin/shohin010.html

八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページhttp://inkan-reform.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。