東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

八王子まつり

2009年08月08日 店長のプライベート

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

昨日から八王子まつりが始まりました。昨日の朝は4時起きをして山車を取りに出かけました。店から歩いて15分くらいの所に山車小屋があり小さな山の頂上にあります。山車を引いてくるには下り坂で暴走する心配があるので、後ろにロープを付けてトラックにつなぎ、トラックのエンジンブレーキを使いながらゆっくり引いて来ます。

昨日が宵宮(よいみや、前夜祭的な日にち)で午後6時くらいからお囃子を演奏、町内の人や親戚の人たちが集まってきて、小宴会をしました。

今日と明日、山車の引き回しです。街の裏通りや甲州街道(国道20号)を引きます。朝は、雲切り囃子といってお囃子の音が天に上がって雲を切って追い払う、ことを祈念してのお囃子を演奏します。私の娘2人、息子1人も囃子を習っていて雲切り囃子に来ます。私と息子は主に笛(篠笛)、娘たちは小太鼓の担当です。

前々からの準備、裏方と面倒なことも多い祭り行事ですが、心うきうきの行事でもあります。


▲街中に貼られたまつりのポスター。多くの山車が集結している場面。


八王子まつりの公式ホームページ http://www.hachiojimatsuri.jp/


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。