東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

印伝(鹿の皮)ケース

2012年03月09日 印鑑関連商品

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

今日は印鑑ケースで、鹿皮のケースのご紹介です。鹿の皮のことを印伝(いんでん)と言います。語源はインドからの伝来で、「印伝」になりました。鹿皮に漆で模様を付けて独特の風合いを出しています。昔は武将の鎧(よろい)、兜(かぶと)の素材にも使われました。頑丈な素材であることが伺われます。

「印伝」、現代は巾着や小物入れなど、和風のものに使われています。印鑑ケースの印伝の柄は、とんぼ(勝ち虫と言われる)や、桜柄、菊柄などがあります。同じ柄でも配色が違うものもあります。“和の心”を象徴した伝統工芸品といってよいでしょう。

現在もケースは金枠(かなわく、外側の金属部分)もよくできていて、ST(セーフティ)ケースになっています。蝶番(ちょうつがい)の部分の両端がとがっていなく、丸くしてあるので、ポケットにいれた印鑑ケースが、ポケットの内側の布に引っ掛かってします、という不具合がありません。

お値段は12ミリ直径までの印鑑を収納できるケースで、1800円(税込み)です。ガマグチ型のケースもあります。こちらもお値段は1800円(税込み)です。


▲印伝ケースのいろいろです。右側はガマグチ型です。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ペーhttp://inkan-reform.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。