東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

印鑑リフォーム、前と後の印材の長さ

2017年08月21日 お知らせ

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

先日、象牙の印材をお預かりして、リフォームさせていただきました。面訂(めんてい)といって、一度、彫刻面を平面にします。文字を彫ってある分だけが短くなるわけですが、見掛け上は、ほとんど短くなったことがわかりません。一気に短くする作業をするのでなく、少しずつ短くしていきます。1回目の面訂では、深く彫ってある箇所が少し、残ります。2回、または3回目で平面にしていきます。こうすることで、印材の長さを極力、長い状態に留めることができます。面訂は、電動式の面訂専門の機械で擦り下ろして、最後は手作業で、微妙な高低のうねり部分を修正します。

 

写真にあるように、ケースに収納すると、僅かな長さの違いがスペース部分を見ることでわかります。印鑑の彫刻面の彫りの深さは、大きな正方形の角印以外、通常の円形印鑑は、たいてい1ミリ以内です。

 

左が面訂前(新規の印材)、右は面訂後です。

 

 

面訂前の印材をケースに入れました。

 

 

面訂後の印材をケースに入れました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。