東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

印鑑用の皮袋1

2013年02月22日 印鑑関連商品

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

まだまだ寒い日が続いています。今日は印鑑用の皮袋の紹介です。谷川商事株式会社さん(山梨県に本社を持つメーカー、創立50周年)で総合カタログを出しましたが、このカタログを見て皮袋の紹介を思いつきました。谷川商事さんはスタンペン(シャチハタ式の浸透印の付いたペン)を中心に印鑑ケース、高級桐箱(3本の印鑑が収納できる)などを製造する総合メーカーです。

印鑑用の皮袋(印袋ともいう)は、使い方として
1. 印鑑をそのまま収納する
2. 外側に金枠の付いた印鑑ケースを収納する
とあります。1の用途は小さくてすみますが、2の場合はかなり大きめの皮袋になります。当店では2の用途に使える皮袋をご注文印鑑のお客様(ランク、黒水牛以上のご注文の方)にサービスでお付けしています。

毎日頻繁に使うので机の上の印立てに立ててある、という場合を別にして、印鑑は彫刻面を保護するために金枠付きのケースに収納、または印袋に収納することをお薦めいたします。別の利点として、印鑑の印面についている朱肉が近くにある他のものを汚さない、という点もあります。印鑑のままバッグにしまうとその可能性が高くなります。


▲皮袋の色々です。上段中央はジッパー式(1570円)
下から3段目は印鑑をそのまま収納式(250円)7色、
下から2段目は金枠ケースのまま収納できる袋(980円)
3色あります。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ペーhttp://inkan-reform.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。