東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

和紙名刺

2014年12月05日 お名前入り商品(印鑑以外)

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

12月に入り、急に寒くなりました。先月の下旬に、ユネスコの無形文化遺産に「和紙:日本の手漉き和紙技術」が登録されました。名刺の中に、和紙名刺もあり少しご紹介させていただきます。

色は白の他に、紫、クリーム色、ピンク色、淡ねず色、象牙色などがあります。紫やピンク色などは、和風飲食店の方がご注文になることが多いですが、白色ならば、日本文化を継承なさっている方、和風好みの方にはお薦めです。

両面大礼紙(りょうめんたいれいし)といって、表も裏も障子紙のような素材の名刺があります。片面大礼紙もあり、こちらは裏面は洋紙です。両面大礼紙に100枚印刷(表面印刷)でお値段は、3880円(税込)です。通常の洋紙で100枚印刷、2980円(税込)に比べると割高ですが、和風子好みの方にはご提案させていただいております。



▲上段左から、宗雲(雲竜紙)\5880、手漉き 一枚漉き?6670、古代?7150
下段左から両面大礼紙?3880、みやびピンク?3740、みやびクリーム?3740
表面に100枚印刷の場合のお値段です。


▲上段左から、やまと紙で、純白、白、こそめ
下段左から、やまと紙で、淡ねず(薄口)、象牙、淡ねず、均一価格で\3880
表面に100枚印刷の場合のお値段です。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページhttp://inkan-reform.com

楽善堂のレア物印鑑・象嵌(ぞうがん)細工の象牙印鑑http://rakuzendo.com/shohin/shohin017.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。