東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

学生時代の仲間たちと

2010年10月12日 店長のプライベート

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

昨日、体育の日は夏のように暑い日でした。一方で湿度は低く過ごしやすい日でした。
2日間、店をお休みにさせていただきました。

10日の日曜日、大学時代のサークルの同期の仲間と集まりました。私と同じ年齢で食道ガンになり、手術後に無事に復帰、その後の経過もよく、今回は経過の結果がよかったので祝いの会を開きました。

友人の病気回復祝いでみんなが集まったわけですが、このくらいの年齢(50歳を少し出てしまった)になると、大きな病気にいつ罹るかわからないと思いました。ご本人はアルコールは飲みませんでした。ドクターからは許可が出ているものの、本人の意思で禁酒にしているとのこと。その目の前で私と隣の友人はワインを飲んでおりました。(少し反省)

この仲間たちとは今まで年に1回くらいは集まって飲み会をしていましたが、人数の増減はあっても今年はもう3回目でした。これからの人生でも“ともだち”は大切な財産と感じております。


▲仲間たちと集まったのは新丸ビルにあるレストランでした。
集合時間より早く着いたので皇居、和田倉門周辺を散策、アヒルがいました。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページhttp://inkan-reform.com



コメント

  1. マロングラッセ より:

    Unknown
    初めて訪問させていただきました。
    お写真よく撮れていますね。^^
    白鳥ですか?

  2. マロングラッセさんへ
    マロングラッセさんへ
    初めてのご訪問、歓迎いたします。
    ご指摘のように白鳥ですね。写真の下に“アヒル”と書いたのは私の大間違いでした。ごめんなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。