東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

店長の接客写真

2009年08月25日 店舗経営 接客

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

朝晩は涼しく、かなり楽になりました。ホームページのトップページに、店長の接客写真を追加しました。この写真は経営コンサルタントの竹内幸次先生(下記にブログを紹介しています)が、楽善堂に来店の時に撮ってくれたものです。はじめは印鑑を彫刻している写真だけでしたが、先生曰く「会って平澤さんと話してみると印鑑を彫っている写真の性格とは随分違う。」というご指摘でした。

ご来店目的のホームページの場合には、ホームページを見ながらお客様に来店時の「疑似体験」をしていただくことがポイントだと、業界紙の記事で読んだ記憶がありました。今回、残念ながら私よりも接客上手なカミサンは、写真を撮られるのを拒否してしまいました。

いつの日か、カミサンの接客風景もホームページ掲載になることを念じながら、今回は年齢不詳の店長写真のみご紹介いたします。


▲しかめ面(つら)をして、はんこを彫っています。


▲接客時は少しは、柔らか表情になれます。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com



中小企業診断士 竹内幸次先生のブログ
http://blog.goo.ne.jp/2300062/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。