東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

新しい店主バッチ

2013年10月11日 店舗経営 接客

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

10月とは思えないほどの気温の高さです。まだ8月かな?と勘違いするくらいでした。
昨日、店で胸ポケットに付ける店主バッチが郵便で送られてきました。10日くらい前に注文をしておいたものです。

印判店(はんこ屋)で作る会で、「東京都印章技能士会」があり、ここからバッチ作成の案内が来ていました。個人名の上に小さく「四代目 店主」と入れてもらいました。今までは首から紐で名札をぶら下げていました。名札の位置が胃袋の高さくらいで立って接客をしている時はよいのですが、座っている時はカウンターが邪魔をして名札が読めないこともありました。じっくりお客様のお話をいただくときは、お客様も私も座ることにしています。

バッチに「一級印章彫刻技能士」「四代目店主」と明記されているので、初めてご来店いただいたお客様には、ご安心いただけるバッチになると思います。私は二級技能士になったのは昭和60年、一級技能士になったのは、平成4年でした。初代の店主は明治元年(1868)生まれと聞いております。
ちなみに「技能士会」は印章(印鑑)だけでなく、他の職種にも多数あります。東京都技能士会のページをご紹介しておきます。


東京都技能士会連合会のホームページ
http://www.tokyo-nokaikyo.or.jp/ginou/rengoukai/index.html



▲新しい店主バッチです。


▲今まではこの名札を首からぶら下げていました。
右下に顔写真がありました。



八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページhttp://inkan-reform.com

楽善堂のレア物印鑑・象嵌(ぞうがん)細工の象牙印鑑http://rakuzendo.com/shohin/shohin017.html




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。