東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

新商品『ネームペン カーボネックス』

2013年05月17日 お名前入り商品(印鑑以外)

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

暖房も冷房も要らない、気持ちの良い季節になりました。今日はシャチハタ社の新製品のご紹介、『ネームペン カーボネックス』です。ボールペンにネーム印(通常のシャチハタネームの印面部分)が付いた商品です。特徴は本体にカーボンファイバーを使っていることです。下記にカーボンファイバーの素材の説明をネットからコピーしてみました。

《カーボンファイバーは炭素繊維を束ねた材質で、主にアクリル繊維を原料として作られています。カーボンファイバーは時に鉄より強く、また鉄より軽く、曲げ応力に非常に強い。そのため、 鉄の代わりに使われる事もあります。 強度の割に軽量な為、ゴルフクラブ・テニスラケット・釣り竿などのスポーツ向け、航空機・自動車部品などの産業用向け材料に利用されています。》

「鉄より強くて、軽い」素材と言っていいでしょう。軽いので筆記しやすく、しかも疲れにくいというメリットがシャチハタの“売り”です。本体(ボディ)は3種類で、ブラック、シルバー、オールブラック、とあります(シルバーのみ、ガラス繊維を使用)。ボールペンの替え芯は、黒と青に、細字、中字、太字の3種類、赤は中字の1種類です。ネームのほうは、既製のお名前で2064種の姓があります。リストに無いお名前は別注品になりますが、お好きな書体(9書体、篆書や勘亭流文字もあり)、インクの色(朱を基本に、黒、赤、藍、緑、紫の6色)を選ぶことができます。

お値段は、既製のお名前のネームが付いた場合で10500円(税込み)、既製のリストにないお名前の場合で11130円(税込み)になります。1万円を超える金額ですが、高級志向、ワンランク上を目指す方にはお薦めの逸品です。



▲新商品、シャチハタ社のネームペン カーボネックスです。
中央部分、垂直に立っているのがブラック、やや右に傾いているのが
シルバー、その右側はオールブラックのボディ(本体)です。
ペンの長さは全て同じで14.2センチです。



八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ペーhttp://inkan-reform.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。