東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

日本人の姓 2

2009年05月12日 印鑑の文字

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

日本人の姓で一番多いものは、「鈴木」さんと思っていました。前回ご紹介した朝日新聞の日曜記事には「佐藤」さんが一番多い、とありました。根拠として、第一生命の調査(契約者が約1000万人)、電話帳のランキング、シャチハタネーム印の売り上げ1位などからです。「佐藤」さんのルーツは平安期に栄華を誇った藤原氏の子孫が佐渡、佐野に移った説、または律令制の位、佐(すけ)と藤原氏の藤が合体した説など、あります。藤原氏の子孫が、伊勢、加賀、遠江、備後、近江、に移って、それぞれの姓を名乗って、伊藤、加藤、遠藤、後藤、近藤、になったという説もあります。

食文化と同様に姓にも東西の違いがあり、下記の表はそのデータです。不思議なもので佐藤さんのように下に「藤」の付く姓、加藤さん、遠藤さん、伊藤さんなどは東日本により多く、西日本には○藤さんよりも、山本さん、田中さん、中村さんが上位に来ています。

日本人の姓もルーツが深く面白いものです。「土地のお名前、姓」も各地にあって全国的には珍しくても、その土地にだけは多い、という姓も各地に見受けられます。


▲各県の上位5の姓を表示している。富山県から西、和歌山県から西には○藤さんはない。

八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。