東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

旧漢字のシャチハタネーム9

2014年11月21日 店舗経営 接客

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

シャチハタのネーム9(一番よく出回っている、朱肉の要らないスタンプ)に、100種類の旧漢字の姓のネーム9があります。店頭にある陳列用ケースを新規に交換したので、一緒に仕入れました。ご自分の名字、旧漢字にこだわりのあるお客様には、100名字だけですが対応がすぐにできるようになりました。

さいとうさんに4種類のネーム9があり、斉藤さん、斎藤さん、齊藤さん、齋藤さんです。
上部に文を書く、今の字と、上部左に刀がくる旧字、下部が漢数字の二と示すの計4種類です。陳列ケースの品揃え基本形は、「斎藤」さんで同じ物3本が収納できるようになっています。「斎藤」さんの次の収納スペースが「酒井」さん(50音順配列)、「酒井」さんは2本スペースがあるので、1つ齋藤さんに譲ってもらい、4本のスペースを作って4種類のさいとうさんを入れることにしました。

他には、わたなべさんも3本分のスペースがあるので、渡辺さん、渡邉さん、渡邊さんと3種を入れることができました。


▲旧漢字のシャチハタネーム9のリストです。100種類があります。




八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページhttp://inkan-reform.com

楽善堂のレア物印鑑・象嵌(ぞうがん)細工の象牙印鑑http://rakuzendo.com/shohin/shohin017.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。