東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

旧漢字の既製認め印

2013年07月26日 店舗経営 接客

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

昨日ご来店なさったお客様で、旧漢字の既製認め印をお求めの方がいらっしゃいました。新宿区からお見えで「すぐに間に合う旧漢字のハンコ」で新宿区、豊島区と捜してみつからず、ホームページを検索、当店、楽善堂にご来店でした。

当店では500種の姓の既製認め印をケースに入れて店頭に陳列しています。今回のお客様がお捜しの姓、在庫にありました。ご遠方からお越しいただいた甲斐がありました。旧漢字の姓は主に、「澤」「崎」で右上の部分が山でなく立の字、「濱」、「高」でナベブタの下が口でなくハシゴの字、「嶋」の字などが入るお名前です。例としては澤田さん、濱野さん、高(ハシゴ高)嶋さんというお名前です。

既製の認め印がない場合、仕上がりまで30分で900円のお値段で受けていますが、やはりすぐに間に合うように置いてあることがお客様にとっては一番と思いました。



▲旧漢字の既製認め印陳列ケースです。
旧漢字のハンコだけが入っています。



八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ペーhttp://inkan-reform.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。