東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

母校の小学校、新校舎に

2010年08月28日 八王子の話題

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

先日、母校の小学校、八王子市立第三小学校に新校舎の見学会に行って来ました。以前に3年ほどPTAの会長を務めさせていただいたこともあり、ご案内をいただきました。私がこの第三小学校に入学した当時(昭和39年)、校舎は木造、机は二人でひとつを使う横長の机、トイレは水洗ではありませんでした。

エアコンもよく効いていて、床はピカピカ、スイミングのプールは屋上にありました。副校長先生に総工費を尋ねたら、およそ30億円かかったとのことでした。

私の父親が、この三小を昭和11年、二二六事件のあった年に卒業、私は昭和45年、大阪で万国博覧会のあった年に卒業、長男は平成20年の卒業です。親子三代でお世話になりました。少子高齢化の中、児童数は減少していますが、母校の発展を祈りたいものです。


▲床も壁もピカピカの母校の新校舎です。



八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページhttp://inkan-reform.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。