東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

江戸硝子の表札

2012年11月03日 お名前入り商品(印鑑以外)

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

11月になりぐっと肌寒くなりました。今日は江戸硝子(ガラス)の表札“花水木”のご紹介です。先日、アクリルのプレートをお持込になって、カタログにある“花水木”のようなデザインで作製して欲しい、というご注文がありました。

メーカーに問い合わせ、確認をしたところ「ガラスだからこのような裏彫りの素彫りができる。」という返事でした。アクリルプレートのお客様には訳を説明して表からの彫刻で素彫りはなく、すべて黒の文字を入れたほうがいい仕上がりになります、とお伝えしました。

写真の右上にある『松浦』さんのサンプルは、ローマ字の「MATSUURA」さんは表から彫刻、黒の特殊インクを入れてあります。ライトグレーに見える漢字の「松浦」さんは、裏側から彫ってあるだけ(素彫り)です。ガラスだから深く彫れて、アクリル材料だと表面を削る程度の彫りなので、このような文字表現ができません。

家の顔である“表札”、伝統的な材質はセト、桧、大理石でしたが、昨今はステンレス、ガラス、陶磁器など、多くの素材が出てきています。


▲江戸硝子の表札“花水木”です。右上の「松浦」さんで
お値段、?39900(税込み)です。



八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ペーhttp://inkan-reform.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。