東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

白水牛、長さ45ミリの印材

2013年01月29日 印鑑の素材

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

先日店にお見えになったお客様で、白水牛で長さ45ミリの印材を持って来られた方がありました。直径は12ミリでした。そして、この大きさが気に入っているので同じ印材に彫っていただきたい、というご注文でした。

今は、ほとんどの印材は長さ60ミリが主流で45ミリは品薄の商品になりました。在庫にはなく、急遽、問屋さんから取り寄せることにしました。店にも以前は在庫でありましたが、特売で販売仕切った経緯がありました。昭和の時代の実印は男性用も女性用も長さ45ミリが主流、はんこ屋でもこの寸法を薦めることが多かったようです。

お客様からお話をいただいてみると、未入園児、姉妹のお子さん用に作って差し上げる印鑑でした。成人式のギフト印鑑と違い、小さなお子さんにご両親からというケースの場合には、短め、長さ45ミリの印材もご提案としてはよいと思いました。


▲白水牛、長さ45ミリに印材です。
前の印(しるし)を示すために銀丹が
中央部に入っています。
半透明で細いストライプ模様が綺麗な印材です。
左端は60ミリの柘植(つげ)材です。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ペーhttp://inkan-reform.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。