東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

目無し象牙の実印

2017年02月04日 印鑑の素材

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

象牙の実印のご注文で、目無し(めなし)象牙のご注文がありました。目無し(めなし)象牙とは、ライトブラウンの網目が無い象の牙(きば)の中心に近い部分から採取された印材です。

直径は18ミリ(曲尺、かねじゃくで六分)です。在庫を調べたら細かな目が出ていたので、“目無し”のワンランク下になるので、急遽、問屋に電話して取り寄せました。問屋にも18ミリ直径の目無しはない、と言われてメーカーから直送してもらいました。

 

直径15ミリ(男性用実印の一般的なサイズ)、13.5ミリ(女性用実印の一般的なサイズ)は在庫で持っていました。5本を取り寄せて、今後のご注文にも対応できるようにしました。18ミリの直径だと、通常は個人の実印よりも、法人(株式会社など)の実印、銀行印に使われることが多いです。今回は、個人の実印で18ミリ直径をご希望のお客様でした。ご希望のお客様は少なくても、対応できる印鑑専門店でいたいものです。

 

▲目無し象牙、直径18ミリの印材です。全て目無しの象牙で惚れ惚れするような材料でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。