東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

相模原市が政令指定都市に

2010年04月10日 店舗経営 接客

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

今日、4月10日は春らしい暖かな日でした。
八王子市の南、西方面に位置する、相模原市が4月1日から政令指定都市に変わりました。新住所表記のゴム印や名刺の注文が、3月から毎日来ています。電話の市外局番では八王子市と同じ042地区である、旧、相模湖町や藤野町も緑区の1部になりました。相模湖町や藤野町の方は、買い物といえば八王子に見える方が、以前から多くいらっしゃいました。区は三区あって、中央区、緑区、南区の三区です。

名刺は新規に作成するしかありませんが、ゴム印は住所の1行と今回は7桁の郵便番号を部分修理して再利用できるようにしています。1行修理で950円、2行で1450円が基本価格です。

ゴム印は、長く使っているほどゴムが磨り減って、高さが低くなっています。そこへ新住所表記の1行の新ゴムを貼り付けると、高さが合わないので旧のゴムの部分が印字できないことがままあります。こんな時は名刺の用紙を利用して、旧のゴムの高さを新のゴムの高さに調整します。 少し面倒な仕事ですが、リサイクル、エコロジーの観点に立ってお客様の要望に対応しております。


▲郵便局でいただいた、相模原市の「新郵便番号表」です。
番号の確認時に役立っています。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページhttp://inkan-reform.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。