東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

胃カメラで健康診断

2011年04月09日 店長のプライベート

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

桜もようやく八分咲きくらいになりました。例年に比べて開花が遅れています。
おととい、健康診断のため胃の内視鏡検査と腹部超音波の検査を受けました。府中市にある、東京都がん検診センターに行きました。

結果は、腹部超音波の検査はすべて「異常なし」。胃内視鏡検査で食道、十二指腸では「異常なし」だったものの胃は、「慢性胃炎」の項目にチェックがひとつ付いていました。1ヵ月後か3か月後に再検診になるかと下段の「次回検査」の欄を見たら「1年後に集団検診などの胃X線検査」に丸が付いていました。それほど深刻にならなくていいかと思いました。念のため、ネットで「慢性胃炎」を調べたら下記のように出ていました。

『特有の症状のないことが特徴の病気です。ですから、検診の際に指摘されてびっくり、ということが多いようです。症状としては、上腹部の不快感・もたれ感、食後の胃痛、胸やけ、吐きけ、嘔吐(おうと)などがあります。』

現状、上記の症状はありませんが時折、胃の後ろあたりに鈍痛を感じたことがありました。“胃腸を害すれば短命なり”と聞いたことがありますので、体が資本、今後とも気をつけていきたいと思いました。


▲東京都がん検診センターでいただいた、日帰りがんドックの案内です。



八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ペーhttp://inkan-reform.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。