東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

表札の英文書体は45種類

2010年11月05日 お名前入り商品(印鑑以外)

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

前々回のブログで表札の和文書体は22種類とご紹介致しましたが、今回は英文書体についてです。英文の書体(フォント)になると、45書体あります。下記にあるのがその書体です。表札の場合、伝統的な縦型の表札にはフリガナや英文などは入らず、漢字だけでした。

横書きの表札になると、漢字の下に小さくフリガナの意味もこめて英文を入れるスタイルがあります。「漢字だけだと何と読んでいい苗字かわからない」という場合があります。こんな場合に英文の表記に意味があります。さらに書体の多さからちょっとお洒落なフォントで、というやり方ができます。45書体の中で和文の書体と同じ種類で「英文行書」「英文サムライ書体」という書体が7書体あります。和文と英文、同じ書体で揃えるのもひとつの方法です。もちろん、全く違う書体で和文、英文をひとつの表札の中に入れる、やり方もあります。

ご注文をお考えのお客様には、仕上がり表札の文字校正も出しております。1度文字のバランスなどをご確認いただいてから正式に作成、という流れです。どうぞお気軽にご相談下さいませ。


▲45種類、英文書体のいろいろです。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページhttp://inkan-reform.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。