東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

車に轢かれた鳩

2012年06月05日 八王子の話題

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

昨日、店に来てシャッターを開けたら店のすぐ前の道路、センターライン近くで、気の毒に鳩が車に轢(ひ)かれて死んでいました。初めにシャッターの足元に鳩の羽が2〜3枚散らばっていたので、「おや」と思いふと道路を見たら鳩が横になっていました。

以前、同業の友人に「店の前に犬が轢かれて死んでいたので区役所に電話して来てもらった。」という話を思い出して、八王子市役所に電話しました。代表の番号に掛けて「道路課さんへ」と言ってさらに用件を聞かれたので、鳩のことを伝えたら「それならば、ゴミ減量課ですね。」と言われてつないでくれました。

1時間半くらいして、館町の清掃事業所の職員さんが2名来てくれました。不思議なことに、この時にはすでに鳩の死骸はほとんどなく、わずかに羽が残っているだけでした。この時までに、カラスが食べに降りて来たりするのを見ました。また自動車のタイヤに付着して持って行かれてしまったようです。市の職員さんには「せっかく来ていただいたのにすみません。」とお詫びしました。

平和の象徴の鳩が車に轢かれてしまったのは皮肉な話ですが、天国で自由に飛びまわっているのを願うばかりです。


▲店の前まで風で飛んできた、鳩の羽です。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ペーhttp://inkan-reform.com



コメント

  1. 匿名 より:

    ハトが轢かれた
    先日、自宅前の旧日光街道でハトが轢かれて死にました。ハトが車道で餌を見つけて突いている所に後ろからバスが来て、気が付いて飛び立とうとしたけど、時すでに遅し。「プチッ」と音がしてペチャンコ・グチャグチャになって、翼が左右に広がっていました。その後は死骸を誰も片付けないで放置。通りかかった車に何度も轢かれ、翼はもぎ取られ、羽毛が風でどんどん飛んで行って、黒い塊になって行きました。十日ぐらい経ったら、肉片が完全になくなって、わずかに残った羽の塊がヒラヒラ舞い上がっていました。その翌日に見に行ったらそれもなくなり、少し濡れたような跡が残ってましたが、雨と風で洗い流されて、影も形もなくなっていました。

  2. 匿名さまへ
    コメント、ありがとうございます。
    旧日光街道ですか。昔からの交通の要衝で、車の行き来も激しいのですね。鳩さんの冥福を祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。