東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

酒とのお付き合い

2008年10月07日 徒然(つれづれ)なるままに・・・


──── 八王子で印鑑を作り続けて100年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

昨日の午前は月曜の雨降り、気分も週明けから暗いものがありましたが、今日は爽やかに晴れ渡りました。

肌寒い季節となると、ビールから日本酒の熱燗が恋しくなります。
お酒の付き合い方で最近思うことを書いてみたいと思います。“適量、程ほどに”とよく言われますが、私の場合、適量まで飲んできた時には、“体には適量、気分にはもっと欲しい”
になっています。

食事でご飯やおかずを食べた時は、満腹になると体が自然と拒否反応を起こしますが、
私の場合、酒はそうでなく、飲むほどにもっと欲しくなる、という悪循環です。

人には、理性、欲望が同居しています。理性を追いやって、欲望を増長してくれるのが
アルコールです。「この辺で止めておこう」と思えるまでが私にとっての適量のようです。
「いいや、行っちゃえ」の気分になってしまうと限界も何もありません。(笑い)

これから風邪のシーズンです。酒の飲み過ぎが原因の風邪には気をつけたいものです。

楽善堂のホームページ
http://rakuzendo.com

コメント

  1. 坂上商店  より:

    お酒はいい所もありますよ
    楽善堂様、こんばんは。
    あきる野市の坂上商店です。 

    今日のブログを見て・・・平澤様、飲める口なんですね。びっくりです。

    酒屋でありながら私は、ほんの少しです。
    でも、お酒は勉強中です。

    お酒は、実はいい所が沢山あるんです。

    お酒の原料のコウジ酸は、美白と老化防止に効いたり、冷え性にもいいんです。
    お酒は、自分にあった適量な飲酒であれば、ストレス解消や糖尿病やガンに効果があったりといい事だらけです。

    しかし、飲みすぎにはご注意です。
    平澤様の言っていらしたように「この辺でやめておこう」がいいかもしれませんね。

    八王子市にも美味しいお酒があると思いますが、あきる野市や近隣の福生市にも美味しいお酒があります。

    あきる野市、福生市のお酒のご用命がありましたらご連絡ください。
    八王子は近くなので配達に行きますよ。

    あと、この前コメントに書いてあった事なのですが・・・
    私は、「店長」という役職ではなく、私は一番下の従業員です。
    家族でお店を頑張っているので役職もありませんが。
    「店長」と書かれてビックリしてしまいました。すいません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。