東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

長女からの誕生日プレゼント

2013年02月12日 店長のプライベート

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

先週の7日(木)は、私の誕生日でした。50歳を過ぎてからは、気持ち的に胸を張って「○×歳になりました!」と宣言できるのにやや抵抗を感じるようになりました。別な言い方をすると、誕生日、嬉しくもあり、寂しくもあり、といったところです。

一昨日に、ファミリーで誕生日会を開いてくれました。家族4人からのメッセージカード、プレゼントがありました。その中に長女が日帰り旅行の時に作ってくれたオリジナルグラスがありました。ガラス工房で体験しながらの作品つくりだったそうです。「パパの誕生日が近いから」というので、グラスには私好みの文字や柄が入っていました。ついこの間生まれたばかりと思っていた長女も今春、大学を卒業します。


▲美大4年生の長女が作ってくれました。
私の好きな祭関連の文字、図柄です。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ペーhttp://inkan-reform.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。