東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

長女が二十歳に

2010年10月22日 店長のプライベート

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

きのう10月21日(木)は、長女の二十歳の誕生日でした。今までの誕生日も嬉しいものでしたが、二十歳という節目の誕生日はなおさら嬉しいものです。20年前に産婦人科で出産に立会い、看護師さんから「娘さんです。お父さん、抱いてさしあげて下さい。」と言われて、おどおどしながら生まれたばかりの娘を手に持ったのを想い出しました。なんと声をかけていいか分からないで「お疲れ様だったね」と言ってしまったのは、父親になったばかりの言葉であったことよ、と思います。

以来、早いもので20年。私自身が生まれてから二十歳になるまでの20年よりも、娘が生まれてから二十歳になるまでの20年のほうがずっと短く感じます。年齢が行くほど、1年の時間は短く感じるようです。

来年は次女が二十歳を迎えます。成人式が続きます。出費が続いて頭の痛いところではありますが、めでたいことなので、娘たちの今後も応援していきたいと思います。



▲長女の描いた絵です。現在美術大学の2年生です。昨年の作品展より。



八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページ
http://inkan-reform.com




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。