東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

開運吉相印のお客様

2011年02月12日 店舗経営 接客

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

八王子は昨日11日、今日12日と雪が降り続いています。おそらく関東地方は同じように雪景色かと思われます。店の暖房は電気(エアコンが暖房も兼ねる機器)なのですぐには暖かくなりません。やはりガスの方が効き目が早いようです。印刷の仕事場はガスストーブです。

先日、開運吉相印鑑をご希望のお客様が見えました。うちの店に見える前に、3軒ほどのはんこ屋さんを回って「鑑定をして吉相の印鑑を作って欲しい」とお願いをして「やっていない」と断られたとのことでした。「やっと見つかってよかった」とこのお客様はおっしゃってくれました。縁起のよい作風の「吉相体」の書体で作成して、仕上がったら『鑑定証』をお付けして納入することにしました。

「印鑑だけでは、開運にならないよ」というお考えの方もあります。このお客様のように「印鑑で少しでも開運の方向に向かいたい」というお考えの方もあります。そのようなお客様のお気持ちには誠実に対応させていただきたいと思います。確かに印鑑自体に開運の効力はありませんが、大切なのはご本人様のお気持ちで、「この印鑑で運を開きたい」という思い、念力が強ければ開運の方向に向かうと考えられます。

今回のお客様は、ご本人様のための「開運」でなく、もうすぐ迎えるお嫁さんのために開運の印鑑を作ってあげたのでという思いでご来店でした。印鑑の作成にあたっての実務の話よりも、息子さんがお嫁さんを迎えることに関連したお話のほうが長かったかもしれません。接客をしていて「私から話す」ではなくて「お客様のお話をまずよく聞く」がポイントかと感じました。


▲3種類の書体です。左から開運吉相体、篆書(てんしょ)、古印体です。
刻字は全て「前田司郎」です。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ペーhttp://inkan-reform.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。