東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

雨の日の運動会

2013年10月22日 店長のプライベート

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

一昨日の日曜日、近くの小学校で地域の運動会がありました。学校の運動会でなく、学区域に住む市民の運動会です。15町会の人たちが集まり町別対抗で得点を競い合います。あいにくの雨のためグランドが使えず、体育館で行ないました。肌寒い気温でしたが、体育館の中は声援と熱気で溢れていました。

この小学校は、八王子市立第三小学校で私の母校であり、また父親、三人の子どもたちの母校でもあります。父親に至っては昭和11年、226事件の年に卒業、という現在では超高齢の卒業生になりました。

運動会、私たちのチーム、南町町会は15町会中で6位の成績でした。ムカデ競走で1位を取れたものの、アンカーチームがフライングしてしまい最下位の得点、総合点数で6位になりました。

順位競争があるので参加者は熱くなれますが、得点に関わらず地域の市民が一堂に会して、運動競技に興じる、会話が生まれる、こんなところに地域コミュニティの運動会のよさがあるように思えます。


▲体育館での運動会風景です。
この競技は輪投げです。20人の選手中
10人は60才以上、という
規定付き競技でした。



八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページhttp://inkan-reform.com

楽善堂のレア物印鑑・象嵌(ぞうがん)細工の象牙印鑑http://rakuzendo.com/shohin/shohin017.html




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。