東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

駅伝大会

2009年02月24日 店長のプライベート


──── 八王子で印鑑を作り続けて100年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

一昨日の22日(日)、八王子で「全関東八王子夢街道駅伝競走大会」が開催されました。
家に居て、経理関係の残業をしていましたが、警備のアナウンスに誘われて国道20号(甲州街道)に観戦に行きました。アンカー選手が走る20号までは歩いて2分程です。
写真はその時の選手の走りです。

箱根駅伝選手も走れば、職場の気の合った仲間で作った臨時駅伝チームも走っていました。
今回は、東京都のオリンピックの招致活動への協賛として瀬古利彦さん、松宮隆行選手(ロード30キロ世界記録保持者)、尾形 剛選手(世界陸上の銅メダリスト)、中村真衣選手(プロスイマー)も選手と一緒に走りました。

4人で1チームを作りますが、八王子のこの駅伝大会のよいところは、誰でも参加ができるという点です。参加要綱には、5キロを22.5分内で走れるという条件が書いてありましたが、数年前私はこれより遅くて参加をさせてもらいました。

今年は沿道から応援参加でした。日向(ひなた)に居て春はもうすぐそこに来ているのを感じました。



▲八王子の中心街を力走する選手たち。沿道で旗も配られた。

楽善堂のホームページ
http://rakuzendo.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。