東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

24色の印鑑ケース

2013年05月31日 印鑑関連商品

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

今日は、24色の印鑑ケースのご紹介です。合成の皮ですが、金枠付きでかなり丈夫にできています。開け閉めの蝶番(ちょうつがい)部分、両端が丸く加工してあるので指先を痛めたりポケットに入れた時に内側の布に引っ掛かったりしません。従来のケースの蝶番の両端は針金の先端のようにとがっているケースがほとんどでした。

ケースだけのお求めでは950円(税込み)ですが、柘植(つげ)の銀行印、仕事印(4800円)には、セットで付いておりますので、ご注文時に選んでいただいています。


▲24色の印鑑ケースです。
黒や茶色のオーソドックスの色から
白、ピンク、グリーン、紫など、
パステル調の色もあります。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ペーhttp://inkan-reform.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。