東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

お客様からの嬉しいメール

2019年08月10日 お知らせ

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

お客様からの嬉しいメール

 横浜市のお客様からご注文をいただき、納入後に下記のようなメールをいただきました。象牙の実印で、外枠が2カ所欠けていて、同型印にリフォームする仕事でした。欠けた部分だけの補修はできないので一度、平面にしてその後に文字を転写して彫りました。

 《下記はお客様からのメールです》

 本日届きました。本当に素晴らしい出来映えで感激しております。母もとても喜んでくれました。驚くべき素晴らしい技術ですね。美しく復活した印鑑をこれから大切に使用させて頂きます。有難うございました。またお願いする機会がありましたらどうぞよろしくお願い申し上げます。失礼致します。

《私のコメント》「本当に素晴らしい出来映え」とお客様が書いて下さり、私としては本当にありがたく、職人冥利を感じております。お母さまの印鑑の外枠が欠けたので、娘さんが代わりにご注文なさったようです。同型印は紙に押捺された印影から作る仕事だと、犯罪に関係する心配があります。今回の仕事のように、彫ってある印材(印鑑の材料)そのものを送付いただいたので、印材を持っている方からのご注文なので安心でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。