東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ



イタリアからのお客様

2020年12月19日 お知らせ

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

 先日、イタリアのモデナ県にお住まいの方から小判型の印鑑のご注文があり、お彫りして航空便で発送しました。まず、メールで問い合わせが来て、返信で「コロナの影響で到着まで1か月以上かかるかもしれないのですが。」と書きましたが、受注になりました。お支払いはPayPal経由で翌日にすぐ、送料込みでお支払いをいただきました。日本円の金額でご請求、後の集金はPayPalさんがうまく対処してくれます。

 発送は、日本郵便の国際eパケット(AIR Small Packet)を使います。通常の航空便と違って、書留にできるので追跡番号がついて、遅れている場合に検索が可能です。郵便料金が300円、書留代金が410円、合計で710円ですが、書留代金の方が高いのも不思議なものです。

 日本国内では“はんこ不要論”が出ましたが、海外のお客様が“はんこ”・印鑑に興味を示して、ご注文下さるのはありがたいことです。

発送のパッケージに宛名シールを貼ります。これは発送元用の控えです。
作成のソフトがありパソコンで総重量なども入力します。
(お届け先ご住所はホワイトで消してあります)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。