東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ



寄席文字の仕事印

2020年10月31日 お知らせ

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

 仕事で使う印鑑で2種類、寄席文字で作って欲しい、というお客様がいらっしゃいました。姓のみと、「代理」の肩書も入れた仕事印、というご指定でした。ブログへの掲載の許可をお客様からいただけたので、記事にさせていただきました。このお客様は数年前にも当店で印鑑をお作りになっていて、再度のご注文でした。

 仕事印という印鑑でも、使う方の個性、人柄が出ている印鑑はよいと思います。一般的に仕事印はこの書体がよいですよ、などどいう受け方はしないで、お客様のご希望をまず、優先致しました。河野大臣の印鑑不要の発言以来、特に職場で使う仕事印は、見向かれない傾向にありますが、このお客様のように、書体のご指示をきちんとお出しになってご注文をなさる方は、本当にありがたいと思います。

寄席文字の縦書きです。縦画は極端に太い作風です。
吉相体も太いですがそれ以上です。
右端に肩書の「代理」を入れました。
ご苗字よりも小さいバランスです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。