東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ



角印用の金枠型ケース

2021年12月25日 お知らせ

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

 正方形の水晶印材をお預かりして実印としてフルネームを彫りました。ご注文時にお客様から「これを収納できる印鑑ケースも付けて下さい。」と言われました。一辺の長さは、13.5ミリ、長さは45ミリの水晶でした。既製で近い規格のケースとなると、在庫では直径18ミリの円形印材用で、長さは60ミリならばありました。直径15ミリ用のケースだと、フタが閉まりませんでした。

 お客様の前で水晶印材を収納してみて、印材が短くて15ミリ空白ができるので、ぴったり収納できるケースをお客様のご希望で特注で作ることになりました。ほとんどの印鑑ケースは、印材が円形であるので、収まる窪みも円形に作ってあります。ここを船底でなく角底に掘って作り、小さな朱肉部分も正方形に作れば、おあつらえ物の印鑑ケースになります。

 10日程、日にちが掛かりましたが、ぴったりと収納できる角印用のケースが問屋から仕上がってきました。外側の革の色はご希望により紫色で作成しました。ご希望の物が仕上がり、お客様には大変喜んでいただけました。

《年末ごあいさつ》
 今年も残すところ、1週間程になりました。楽善堂のブログを読んで下さり、誠にありがとうございました。来年も1週間に1度位のペースですが、日々の仕事で感じたこと、経験させていただいたことなど、つづっていきます。ご愛顧、よろしくお願い致します。
 来年の皆様のご健康、ご多幸をお祈り致します。  四代目店主 平澤 東

左の印鑑ケースは既製品で直径15ミリ、長さが45ミリの円形印材を収納するケースです。お値段は
1700円(税込)です。右の印鑑ケースは特注で作成したもので、1辺13.5ミリ、長さ45ミリの正方形の角印を収納します。お値段は4200円(税込)になります。小さな朱肉部分、円形はスポンジの既製品がありますが、正方形は無いので本物の練り朱肉を入れてあります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。