東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

こけしはんこ

2014年10月03日 印鑑関連商品

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

『こけしはんこ』のご紹介です。小さなこけしの底部分が印鑑になっています。薩摩本つげ(鹿児島県産)に、伝統こけし職人が顔、胴体、台座(こけしはんこ立て)に一本、一本、絵付けしました。

こけしの首が回ります。東北六県、11系統のこけしの中で唯一、首が回るようにできています。こけしの身長は6センチ(印鑑にちょうどよい長さにできています)、直径は12ミリ(銀行印向き)と15ミリ(実印向き)があります。お洒落な化粧箱入りなので、ギフトにも最適です。

仕上がりまでお急ぎでなければ、印稿(仕上がりのラフデザイン)を一度メールでお客様に送信して、OKをいただいてから彫刻致します。


▲こけしはんこです。銀行印向き(直径12ミリ、姓または名前彫刻)、6980円(台座付き)、
実印向き(直径15ミリ、フルネーム彫刻)、9750円(台座付き)です。
別売りで収納用の印鑑ケース(1500円)もございます。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページhttp://inkan-reform.com

楽善堂のレア物印鑑・象嵌(ぞうがん)細工の象牙印鑑http://rakuzendo.com/shohin/shohin017.html




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。