東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

アザラシ皮の印鑑ケース

2011年07月09日 印鑑関連商品

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

真夏日になりました。また蒸し暑い陽気でした。
先月に山梨のスタンプフェア(業界の展示会)に行き、印鑑ケースで男性向き、お洒落系のもので何かいい物がないか?と帰ってきたからも捜していて、先日、発注していたケースが入荷しました。アザラシの皮でできているケースです。色は6色あります。

女性用のケースでお洒落系は以前からあり、ご注文時にご提案してきました。男性用のケースは、合成皮、牛皮、トカゲ皮、高級路線でワニ皮といったところでした。定番、オーソドックス、ではありますが、「他人とは違ったケースで少しお洒落なケースは?」のご要望に応えられるものがあった方がいいと思っていました。

印鑑ケース、中に入れる印材のグレードでケースも良い物になります。このアザラシのケース、木製の柘植(つげ)でなく、黒水牛、白水牛などをご注文のお客様にご提案していきます。


▲アザラシ皮の印鑑ケースです。色は、左からグリーン、ブラック、エンジ、
ブラウン、ライトグレー、グレーです。上は、ケースを開けたところ、
外枠部分はブロンズ製です。
ケースのみの価格、15ミリ直径用、3800円、12ミリ直径用、3500円です。
ランク、黒水牛以上の印鑑ご注文の方にはサービスになります。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ペーhttp://inkan-reform.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。