東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

シャチハタ印肉(公用)新発売

2012年07月20日 印鑑の業界

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

今日、20日は今までの日の気温よりも10℃以上低い気温になるそうです。猛暑だっただけに、過ごしやすくなりそうです。

シャチハタ社から“鯱旗印肉(しゃちはたいんにく)公用”が新発売になりました。シャチハタは漢字で書くと“鯱旗”になります。特長は以下の3点です。(シャチハタ社の説明より)

1.高級有機顔料を使用しているため、印影の保存性に優れ、公文書などの重要書類へのなつ印に最適です。
2.印影の鮮明性に優れ、印肉の繊維が付着することなく、印影のにじみもほとんどありません。
3.印肉の硬化や油分の分離が極めて少なく、使用前に練り直す必要がありません。

通常事務用の、“速乾シャチハタ朱肉50号”サイズが?1050、今年の2月に発売になった、鯱旗印肉の書画落款用(日本画や、書道の作品に使用)が?2940なので、間の価格帯(2100円)の朱肉が発売された思います。

「朱肉の盤面が布製なものはどうもね。」という、ややこだわり派の方にはお薦めの逸品です。


▲鯱旗印肉(公用)の商品説明チラシです。お値段は2100円(税込み)です。
補充用の朱の油も発売されていて、こちらは1470円(税込み)です。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ペーhttp://inkan-reform.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。