東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

ファミリーで箱根へ

2010年08月17日 店長のプライベート

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

今日から仕事再開です。13日から16日まで夏休みにさせていただきました。1泊2日でファミリーで箱根に出掛けました。帰ってきて気が付いたことは『八王子は暑い』ということでした。

ここ10年、毎年夏には家族で箱根に出掛けています。近くて手頃なのと涼しくて、美術館やお洒落なランチの店がいろいろとあるからです。今回、初めて芦ノ湖に近いが神奈川県でなく、静岡県にあるホテルに泊まりました。山間部で海抜800メートルくらいの場所でした。涼しくてよかったのですが、霧が立ちこめていて15メートル先はもう何も見えない状況でした。夏の箱根旅行で車は初めてでしたが、熱海から入った十国峠はまさに“霧だらけ”でした。時速30キロ程度の走行でしか走れませんでした。

ホテルに着いてランチをしてから、箱根町方面へ。恩賜箱根公園を散策、旧東海道を下って甘酒茶屋で一服しました。以前にも行ったことがありますが、良い場所はまた行ってもよい“反復に十分堪える場所”です。「あそこはもう行ったから」ではなく「あそこにもう1度行ってみたい」と思わせてくれるスポットが多くあるのも、箱根の魅力です。

翌日は国道1号線を三島に下り、佐野美術館(堀内敬一の特別展)、楽寿園の庭園を散策、三島まつりの山車も見て、のんびり帰りました。


▲霧に包まれた芦ノ湖です。こんな深い霧は初めてでした。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページhttp://inkan-reform.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。