東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

ポーランドからのお客様、ご来店

2016年05月21日 店舗経営 接客

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

今月の上旬、ポーランドからのお客様がご来店になりました。外国人のお客様はホームページから受注、またはメールのやり取り後に受注、そして国際郵便で発送、でしたが、電車で八王子まで見えてご来店なさった方は初めてでした。事前にメールでご注文をいただいて印鑑は作成済み、ご来店時にお渡ししました。わざわざご来店いただいたので、印鑑ケースを入れる西陣織の布の袋をサービスさせていただきました。

ご夫婦でお見えになり、ご注文主は奥様、ご主人に写真を撮っていただきました。ポーランドに帰国後にブログに写真を掲載してよいかのメールをしたら「光栄です。お望みならば名前も出してよいですよ(I will be honoured! You can also share my name if you wish)」と書いてくれました。IT EVERYWHERE という会社の女性社長で、IT専門職の人材発掘、人材派遣の仕事をなさっています。

3月のアイルランドからのご注文、4月にウィーンからご注文のあと、ヨーロッパのお客様は3件目でしたが、遥か遠いポーランドの地で、楽善堂の印鑑が役に立っていることを祈ります。彫った文字は個人名でなく、会社のお名前の省略形でした。



▲店内で店名篆額(てんがく)お前で撮ってもらいました。
私よりも背が高い。(国際基準からだと私が低いのか)
手に持っているのは印鑑(お客様)と印鑑ケース(私)です。
女性社長のお名前はM rs. Nadja Brandys さんです。

お客様の会社のホームページアドレスを掲載させていただきます。
IT EVERYWHERE http://it-everywhere.com.pl/





八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページhttp://inkan-reform.com

英語版のページ、外国人のお客様用ページ http://www.name-stamp.tokyo/

楽善堂のレア物印鑑・象嵌(ぞうがん)細工の象牙印鑑http://rakuzendo.com/shohin/shohin017.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。