東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

印鑑ケース用の皮袋

2013年11月15日 印鑑関連商品

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

印鑑ケースを入れる皮袋のご紹介です。「印鑑がケースに入っていればそれでよいのでは?」とお思いかもしれません。机の引き出しに入れて置くだけなら、皮袋はそれほど必要ではありません。バッグの中に入れて持ち運びをする時に、あると便利な皮袋です。

印鑑のケース、長さは10センチもない物なので、バッグやかばんの中に入れるといざ、使う時に見つけにくいものです。この皮袋には長い紐が付いていて、紐が見つかれば印鑑も見つかります。基本的には印鑑ケースの表面を保護していく役目もあります。

ご注文印鑑のお客様には無料でお付けしています。ケースだけの販売もございます。1袋、200円(税込)です。


▲印鑑ケース用の皮袋、4色です。
表面はビロード状になっています。
右端のブラックは深みのある色合いです。


八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページhttp://inkan-reform.com

楽善堂のレア物印鑑・象嵌(ぞうがん)細工の象牙印鑑http://rakuzendo.com/shohin/shohin017.html




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。