東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

印鑑リフォーム、お客様の声

2015年07月18日 店舗経営 接客

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

先日、栃木県のお客様から印鑑リフォームのご注文を2本、いただきました。お父様、お母様の使っていらした印鑑を今度は息子さん、娘さんのお名前に彫り直して、贈り物として差し上げるというご注文でした。

書体、作風を印稿(仕上がりのラフデザイン)でやり取りしている中で、印鑑への思い入れが強くおありのようで、メールの中で下記の文章を書いて来られました。ご本人様のご了解をいただけたので、ご紹介させていただきます。

『平澤様
メールをみていただき作業開始の故
完成のご連絡を楽しみにしております。
よろしくお願い致します。

このように実家のものを捨てずに
利用でき父母のものが再生できる
喜びを感じます。

この思いも
さて三代までの思いなのか?
四代まで続くのか?
なんだか密かな、私のもし生きていたら
80歳90歳に今日のお願いをなつかしい思い出となることでしょう。』

このご注文をいただいた私としては、職人冥利を感じ喜んで仕事に取り掛からせていただきました。リフォームされた印鑑を受け取った息子さん、娘さんがどんな感想をお持ちになったか、楽しみです。


▲最近取った写真、店での彫刻風景です。



八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページhttp://inkan-reform.com

楽善堂のレア物印鑑・象嵌(ぞうがん)細工の象牙印鑑http://rakuzendo.com/shohin/shohin017.html






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。