東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

年賀状印刷(その1)

2008年11月15日 お名前入り商品(印鑑以外)


──── 八王子で印鑑を作り続けて100年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

年賀はがきの発売、先月の30日(木)から始まりました。
新聞には「もう?」と来年の牛に引っ掛けての記事がありました。

当店、楽善堂でも年賀はがきの印刷サービスは50年以上前からやらせていただいていました。
パソコンの普及に伴ない、みなさん、ご自分でレイアウトを作成、プリンターで印刷、という時代になりました。

それでも、毎年、ご注文を出してくれるお客様がいらっしゃいます。それは、お客さまデータを保存しておいて
絵柄と印刷枚数だけ決めていただければ、受注できるシステムにしているからです。

下記は、書家、樋口 雅山房(がざんぼう)氏の筆による年賀状です。当店で扱っております。
墨の一色印刷だけれども、筆字の温もりがあります。
右のはがきの文字は「頌春(しょうしゅん)」です。「春」字が印鑑に多く使われる篆書(てんしょ)なので、
判読しにくいですが、絵文字のようになっています。

印刷料で、10枚の印刷で?2960より、10枚刻みのお値段でご注文いただいております。
50枚で?4140  100枚で?5610です。(年賀はがき代は含みません)
11月28日(金)までは上記価格から15%お値引きになります。

ご興味ございましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。年賀はがきは当店でご用意いたします。
 電話 042−622−1976 (らくぜんどう)



▲派手さはないが、渋くてぬくもりのある、年賀状。


楽善堂のホームページ
http://rakuzendo.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。