東京 八王子 印鑑文字工房 楽善堂の店長が印鑑や文字の魅力を語る
印鑑の楽善堂 四代目店長 平澤 東のブログ

最後の年賀状印刷受注

2014年12月28日 店舗経営 接客

印鑑 八王子 楽善堂
──── 八王子で印鑑を作り続けて110年 ────

こんにちは。東京、八王子で印鑑を作っている職商人(しょくあきんど)の平澤 東(とう)です。

今年も残すところ、4日になりました。もう休暇に入っている方も多いと思います。当店は明後日、30日まで営業です。

一昨日、26日(金)の夕方、年賀状印刷のお客様がお見えになりました。フルカラー印刷、外注先の印刷メーカーは24日(水)で受注を締め切っていました。「黒の一色刷りでよろしければ、お受け致しますが。」とお伝えして、受注になりました。当店でふだんは、封筒印刷、引っ越しの挨拶はがきの印刷に使っている一色刷りの印刷機で仕上げました。

お客様は、翌日の午前中に取りにお見えになりました。お間に合わせできて良かったと思いました。このお客様もリピーターの方で、受注時は絵柄デザインと枚数だけを決めただけでした。住所、ご家族のお名前は接客時に確認で見ていただいただけです。年賀状の印刷受注は、90%がリピーターのお客様でした。昨年の印刷の刷り見本を出せるようにしておいて、受注時に確認します。

≪年末ご挨拶≫
今年一年、つたないブログをお読みいただき、ありがとうございました。自分で書いた記事の内容を忘れた頃に、「ブログに出ていた楕円形のセトの表札を注文したい」「9センチの長さの印鑑が欲しい」というお客様の問い合わせもありました。ブログでの情報発信の重要さを認識しました。どうぞ、皆様には、よいお年をお迎え下さい。
 年初は、9日(金)にブログを再開予定です。


▲年賀状印刷の受注時に使ったカタログ表紙です。
年末、年始は意識する干支(来年は未年)ですが、
平常時になると、忘れがちです。




八王子 印鑑 楽善堂のホームページ http://rakuzendo.com

楽善堂の印鑑リフォーム専用ページhttp://inkan-reform.com

楽善堂のレア物印鑑・象嵌(ぞうがん)細工の象牙印鑑http://rakuzendo.com/shohin/shohin017.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
内容をご確認の上、送信ボタンを押ししてください。